40秒で記憶できる?効率がいい勉強法

今回は、youtubeでDAIGOさんが言ってた方法について、記入させていただきます。

これは、私もすごく勉強になりましたので、

是非みなさん、勉強の際は使ってみてください!

40秒で復習

これはびっくりしました。本を読んでいるときに、

覚えたいところが出てきたとします。

その覚えたいところを読んで、一回本を閉じる。。

本を閉じたら、声に出してもいいが復習する

例えば「○○がよくて、○○がだめ、、そしてもう一個なんだっけな、、、、」

みたいな感じで思い出しながら、40秒復習する。

そしたら、また

本を開けて、答え合わせ「あっここ!のもう1個の部分はこうゆうことだったわ!!」

とひらめくと、また更に覚えられるとのこと。

なぜ覚えられるかというと、すぐ復習することによって

長期記憶する脳の部分が、強制的に働くことによって

記憶することができるとのこと。

だから、私みたいに記憶することが苦手な人でも、勉強のスピードがあがるとか!

本当に助かります!!!

今日からこの方法で勉強していきたいと思います!

本をもっと覚えたい方

次はこれに応用が加えてあって、

1ページ読んだら、本を閉じて復習。。

一ページの内容を、「人生というのは、、、、、こうでこうで。。。。」

それを、声に出しながらボイス録音していく。

人間は、記憶するとき、あらゆる刺激を受けながら記憶したほうが覚えがいい。

例えば刺激としては、聴覚、視覚、嗅覚、などなど

声に出すことにより、頭や、発音の舌、耳、いろんなところで記憶することにより覚えやすい。

そして最後は答え合わせで、ボイス録音を聞き

「あ!ここはこうだった」「ここ抜けてて忘れてた」とかに築き、

すごく効率がいいとのことだ。

もちろん、DAIGOさん本人も勉強や読書のさいは使ってるとのこと。

理解が難しい、覚えにくい内容には?

科学の事や投資の事もそうだが、どうしても理解が難しい覚えにくいものがある。

それを、その場で「あぁ、なんとなく分かった」なるほど、って思う事ありますよね?

よく私もありますが、たいてい二週間もすれば忘れてしまっています。。

そんなときは、(10歳の子に分かるように説明してみる)

たとえべ投資であれば、「小さいころからツミキをつみあげていけば、、、」みたいな感じだ!

実際10歳の子に伝わらなくてもいいが、そんな感じに砕いて説明することにより

自分に記憶されやすくなる、

さらには、たとえ話が上手くなり、説明することも自動的にレベルアップするという仕組みだ。

さらにこの話を掘り下げると、相手に伝えるうえで、

投資の専門分野を知らない人に説明して伝えるときには、

その伝える人の、好きな分野と織りまぜて話すと、より伝わるとのことだ。

例えば、その人が野球が好きなのであれば「野球だったら、○○監督が○○に罵声を挙げて、、、、って事ですよ!」

みたいな感じで説明することにより、相手はすごく分かりやすいのです!

それをするために、自分もネットとか使い野球を調べたりするんですよね、

そしたら、好きじゃない野球の分野も広がるので、

この話には、いろいろメリットが詰まってるという事です。

凄くためになりました。。DAIGOさんほんとかっこいいですね。

さて!ではこの方法を使い勉強しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です