周りの営業マンと差別化を図る方法は、それは『読心術』だ!

 

 

こんばんわ!

今この日本に、かず多くの営業マンがいる事はご存じだと思います。

そしてその営業マンはあなたの敵でもあり、ライバルでもあったりします。

そんな営業マンと一緒の事をしてては、

必ず「売れなくなった」とか「結果がでない」って事にもなりかねません。

この差別化が、あなたも上手く出来るようになれば、

貴方は売れる営業マンになれる事まちがいなしです。

 この記事では差別化の方法『読心術』について解説していこうと思います。

「今売れなくて悩んでる」や「結果をもっと出したい!」っと悩んでるのであれば是非お勧めの記事となってます。

正直言って営業職に慣れてる人(一年くらいやった人)であれば、

誰でもできます。

なので、あまり後輩にも教えなかったこのテクニックなのですが、、、

私は、営業を10月末で完全に引退すると考えています。

なので「ブログに挙げてしまってもいいか」と思い

そのやり方を今日下で解説していこうと思います。

  

  

周りの営業マンと差別化を図る方法は、それは『読心術』だ!

woman blowing sprinkle in her hand

  

  

周りと差別化をすれば、お客様から「あなたじゃないとだめ!」っと思われるため、アフターで物が軽く売れるなんてこともあります。

ではその差別化方法の一つとして、「読心術」とは何でしょう?

これは心理学で『mind reading』 といい相手の心を読む事です。

これに関しては、「難しいのは嫌だ」とか「コミュニケーション能力があまりない!」

っという方にも使っていただける簡単なテクニックなのです。

どうんなように使って、どんなようなメリットがあるのかを、下で解説したいと思います。

  

  

売れる営業マンになる為の裏技!

  

man sitting on brown grass field playing with smoke

  

  

これに関しては使った時に「すごい裏技」と私は感じました。

お客の対応が今までと、まるで違いました。

どんな使い方をしたのかというと、

実際にあったお客様と私の言葉で、一例をだしたいと思います。

 

 それは商品の説明と金額提示も終わり、

あとは「お客様次第だな」と手ごたえはあったものの、返事待ち状態。

ただお客様は、「無口な性格」

悩みながら「んー」と答えました。

そして私は心理学の本で読んだ「『読心術』を使ってみよう!」

っとふと思い、ご主人にこう伝えてみました。

マーボー:「今、不安だなって思ってますよね」←ここ!読心術

お客様 :「あ!はい、そうですね。。。。」

マーボー:「そりゃ分かりますよ!この商品いい値しますからね」

お客様 :「んー金額がね、、、」

マーボー:「さっきのベランダの私とのやり取りで、○○さんの心境的に決断は決まってましたもんね」←ここ!読心術

お客様 :「えーはい!そうなんだよね!その通りなんだよ!」

っと、驚いた表情でそうお客様はこたえました。

私はこの時に、「あまりしゃべらない人と認識」していて、「お金がない」っと言わない方だったので

あえて、このことを私の口から伝えました。

そこで自分が思ってるっ事を言われれば、

だれでも驚き、頭が真っ白にまります。

そのお客様は、「この人には隠し事が出来ない」っと私に思ったのでしょう。

そしてその後は、あまり「だんまり」することがなく、

素直に話してくれるようになり、100万円の契約に至りました。

これは私自身もびっくりしました!

私の事を「言わなくても、わかってくれる人」として、信用して売れたのです。

もちろん新規のお客様でした。

その時に確信しました。この読心術は裏技だなと、、

  

 この読心術のテクニックは、回数こなすことによって磨かれます。

  

woman sitting on bed with flying books

  

  

 

お客様が思ってることを考え思いついた事を、

そのままお客様に決めつけて言えばいいのです。

そして得られるメリットは大きく3つあります

  • 「言わなくても分かってくれるだろう」という絶大なる信頼
  • お客様が言わない言葉も自分が言ってあげることで、悩みが浮き彫り化する(図星な時)
  • お客様は「この人には隠せない」と思い素直になる

  

ただこれだけで、これだけのメリットが得られます。

ただ、やはりコツはあります。

お客様もバカではありません、むしろ私より賢い方もいました。

ので、そこのコツを次で解説していきます。

  

  

細かいコツやテクニック

  

person holding lighted sparklers

  

  

「感情や気持ち」を「決めつけトーク」でいうのがポイントで

「よかったーって思ったでしょ?」「不安っとおもいましたよね?」っと

占い師になった気分になればいいのです。

占い師は、幅広い言葉から攻めていき、ある程度絞れたら、「お兄さんいるでしょう?」みたいに踏み込んで質問を投げかけます。

我々営業マンも、そのお客様と信頼関係を作りつつ、ニーズを聞き、膨らまし

ある程度を理解したうえで、商品を勧めます。

その商品を進める時は、あなたもきっとお客様の事を好きになり、

お客様を理解してると思います。

その理解したうえで、「そのお客様が今何を考えてるのか」を考え

決めつけトークで、「よかったーって今ほっとしましたよね」なんて言ってみてください。

それを二回やれば、

「そうなんだよね」「あ、分かる?!」「あ!うん!そうそう!」と言葉が返ってきます。

その時お客様は「この人には嘘がつけない」「言わなくても理解してくれる」と

絶大な信頼関係が作れます。

これは先ほどの例題をもう一度見てもらうとわかりますが、

一回あたれば、

二回目で、一回目に関連してる悩みを掘り下げて当ててみてください。

その当たりが2回つづけば、あちらもかなり驚きます。

その2回目に注意してほしいことが、ここで外しては

一回目にせっかく当てたのに、チャラになってしまうという事です。

なので2回目にあてることを欲張らず、一回だけでも大丈夫です。

十分効果はあります。

なので2回目は、「70パーセントくらい当たる」という物だけにしてあげると、安定してお客様との信頼を築けていけると思います。

  

  

一回目で失敗したら?

  

selective focus photography of grumpy face toddler sitting on plaid pad taken during daytime

  

  

それをやたら気にするお客様はいません。

先ほど言ったように「そうですか、ならよかったです。と」流せばいいだけです。

何回失敗しても大丈夫なのですが

何回も事あるごとに『読心術だ!』と思い失敗し

「○○さんこうでしょう!こうでしょー!」って何度も言われれば

きっとお客様は「他人の気持ちを押し付ける嫌な営業マン」

という風にその営業に対してレッテルを張ってしまう事でしょう。

なので失敗には注意してください。

心理学的に失敗してから、20分は『読心術』を封印しましょう。

なぜかというと、人間の脳の記憶は一回聞いたことはすぐ忘れれます。

『エビングハウスの忘却曲線』のデータでもありますが、

一回いたことを20分以内に考えなければ、記憶からほとんど消えます。

これが「読心術」を20分の封印の理由です。

  

  

まとめ

  

  

two white rabbits

  

これを繰り返すことにより、次第に慣れてきて

「お客様はいま金額で悩んでるな」とか「家族の事で悩んでるな!」とか

そうお客様の考えが徐々に分かるようになってきます。

ここまで読んだら理解したと思いますが、この方法は売り上げが爆上がりします。

なぜならお客様のハートを鷲掴みできるからです。

あと、これは私の経験談ですが、

なんとなく女性の方は『読心術』がすごく効果が高かったので、

皆さんも実践で使ってみて下さい。

あと「営業の知識をもっと欲しい!」という方で、

下にリンク貼っておきますので

まだ見てないという方でしたら、是非こちらのPart1から3も見てください。

特に、「結果が出にくくなってきた」「売上が上がらない」と悩んでる方は、是非オススメしたい記事になってます。

このPart1から3を覚えて使えるようになれば、売れる営業マンに必ずなれます。

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です