会話が上手くなる方法

  

  

会話が上手くなる方法とは?

こちらの記事では、会話が上手くなるテクニック、会話力がアップする方法を

紹介していきます。

しゃべるのが苦手な方や、相手と会話が続かない、と思った方は是非見てってください。

  

  

会話が上手くなる方法

  

  

Michelangelo, Abstract, Boy, Child, Adult

  

基本的には真似ることが大事です。

外交的な人は、意識してなくてもその人の口調やしぐさを

真似していきます。『ミラーリング効果』

では外交的じゃない人、会話力がないなとか、会話するのが怖いとか思ってる人で一番よくある原因として、不安があるっていう事です。

それは仕方がないのかもしれませんが、この不安を取り除くことによって、会話力がアップしたり、会話が楽しくなったりしていきます。

ずばりその不安の取り除きかたは、正しい話し方をすることですね。当たり前かもしれませんけど。

正しい話し方を意識して、いろんな相手と実践で会話の数をこなしていく。

やっぱり実戦経験がないと話にならないので、

今日ここで覚えたことを頭に入れて、新しい相手と意識しながら会話してみてください。

相手の対応が、必ず大きく変わるはずです。

  

  

自己共感能力

  

  

Sheep, Bleat, Communication, Communicate, Talk, Talks

これは自分に対してまず共感してあげる事が大事です。

「よく相手に共感することが大事!」とか思い共感しすぎて自分がなくなってしまう方がいます。

それは相手に対しても「この子無理してるな」と思わせ、苦しくなってしまいますし

さぞ、つまらないでしょう。

相手に対して共感だけでは、仲は良くなれません。

この自己共感能力を上げるには、日々の生活の中で自分を認める事から、初めてみてください。

すなわち自分のために築かいをするという事です。

疲れてるからお風呂に入っていたわってあげる。

頑張ったご褒美に、何かちょっとした自分へのプレゼントと

ペットと過ごす時間を作るとか

など、

これらを紙に、5つ書いてください。

この時に、もう一人の自分幽体離脱して、「自分に築かいをするんだったら、、、」っと客観的な視点を意識する事。

「自分への築かいベスト5!」と、

ランキングにしてみると、さらに自己共感能力が上がります。

  

  

  

共感能力

  

  

Business, Deal, Laptop, Working, Networking

やはりこれですね。

結構知ってる方も多いと思いますが、共感力は会話力にはかかせません

でも上げるためには?っと思いますよね。

その方法は、

  • 相手の過去の様子を想像する
  • 現在の様子を想像してみる

過去も現在も、あてる必要はありません。想像するだけで効果が出ます。

例えば、過去だったら「どんな親に育てられて」と「小学生のころどんな性格だったんだろう」とかイメージすることです。

そして、現在の例えは「どんな気持ち?」「今どんな感情で自分と話してるのだろうか?」「立場はどうなのか?」などです。

これは全てイメージで構いません。もう一度言いますが

あてる必要はなく、イメージすることで共感能力が高まるということが分かっています。

 やっぱり相手の感情を想像するという事は、すごく大事ですよね。

  

  

傾聴力

  

  

Girl, Music, Fashion, Listen, Headphones, Headsets

  

これは結構簡単そうで、難しい。

人の話を聞きながらうなずき、話を遮らない。

いつも聞き上手になれてる!って思ってる人も、意外と話をパッっと遮ったり (さえぎる)

細かい合図と、へーとかはーとか、ホントーとかいろいろ使っていって

すぐ「こうだよね!」とか自分の話をしたりしず、最後まで限界まで聞くってことが大事です。

コツは二秒ほど間をとるのもポイントで

「なるほどー」という表情で2秒ほど間を開けて、「あなたの言ってることがわかったよ」みたいな態度をとることがすごく大事です。

  

鼻呼吸でしゃべる

  

  

Fuça, Muzzle, Dog, Golden Retriever, Animal, Race, Nose

鼻呼吸で、息継ぎしましょう。

口呼吸だと、相手が不安にさせたり違和感を与えてしまうとの事です。

  

  

語尾を下げるようにしゃべる

  

  

これは、語尾を下げることによって説得力も変わってきます。

語尾を下げることにより

自信満々に、余裕があるようにみえます。

  

  

間を入れる

  

  

これがあることによって説得力がこれも変わることが分かっます。

間があけることにより、落ち着いた印象を相手に与えます。

  

  

ゆっくり話す

  

  

これも、説得力を上げる方法です、

なるべく会話はゆっくり話したほう重みが出ますよ。

  

  

まとめ

これらの事を意識するだけで、会話の姿勢が変わってきます。

どんなビジネスにおいても、出会いはどこかしらであります。

なのでこれを覚えておいけば、いざという時にも役に立ちますので

覚えて損はありませんよ。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です