ネットを活用し顧客を作るには?

インターネットの活用して、顧客を作る為には?

ネット初心者にも分かる簡単な解説です。

まだまだ勉強中の私ですが、

本で覚えたことをここに書いていきたいと思います。

アフィリエイトで稼ぐ方々は、

ほとんどフリー戦略をしマーケティングでインセンティブ(お金)をもらっているという流れです。

『ネットで稼ぎたいなぁ』と思うのであれば、是非覚えていってください。

ネットを活用し顧客を作るには?

  

  

people raising wine glass in selective focus photography

ネットを活用し、フリー戦略で顧客を集めていきます、

「そのフリー戦略とは?」っと思いますよね?

そこを簡単に解説すると

「無料で有益な情報を与え、

LINE登録してくれたら、もっと有益な情報与えますよ。」

これがフリー戦略です。

その次は

「顧客リストがある程度作れれば、 ブランドがある程度上がってると思うので

無料で有益な情報を与え続け、商品のおすすめして売っていく。」

  

無料をぶら下げ、【目当てのもの】と言ったら汚く聞こえますが、

「プレゼントあげる代わりに、その人からLINEアドレスを貰った」と、そんなところです。

ただ一番最初は顧客を作る為に、無料で有益な情報を与え信用を作っていく。

そこから、line@とかで顧客リストを作るとの事です。

  

それは、YouTube、インスター、Facebookなんでもいいです。

有益な情報を出し、あなたの事をお客様にしってもらってください。

長期的にみて、報告収入を得るより、

安定して売上を上げることができます。

  

なぜなら報告収入は、無くなる可能性があるからです。

例えば、YouTubeで有益な情報を流し続けてたとしましょう。

もちろんチャンネル登録者数が増えていけば広告収入が入り

生活ができます。

もしかしたら、その喜んでた1ヶ月後に、

アカウント停止、BANされる事も、あるかもしれません。

そしたら、広告収入、PV数で稼いでたのが

明日からゼロ円になってしまうという事です。

  

そうなる前に、見てくれてるお客様を囲っておく。

例えば「この続きが気になる方は、LINEを○×○idにおくってください、限定で無料でおしえますので、、、」

とLINEをゲットする。

そしたらBANされても、そのお客様を囲ったままだし、一からスタートではない。

そして、必要があればそのお客様に、一方的にCMしたりする事もできるのです。

そう、顧客を大事にしていけばいいのです。

  

「ピータードラッカー」の画像検索結果
http://drucker.diamond.co.jp/pages/reason.html から引用

マネジメントの発明者、ピーター・ドラッカーが言ってた言葉で

【多くの人々は売上を作るために物を売っている、しかし本当の経営とは、顧客リストを作るために物を売るのである。】

この言葉からしても、売上を得る為には顧客リストを作るのが大事!という事がわかる。

  

  

有益な情報とは?

  

  

自分の得意分野でいいとの事。

「得意だけど詳しくないよ?」って方も、得意分野を勉強して深く掘り下げて、またネタが尽きたら本屋にいってそれを発信!

その発信をつづければ、得意分野の専門家に気づいたらなっているから、そのニーズに合う顧客様もよってくる。

得意分野がないのであれば、自分の特徴から探して見るといい。

「引きこもりだったら、何が出来る?」とか「運動は得意だったら?」とかです。

  

  

顧客リストを取るための、フリーの部分の作り方。

  

  

person writing bucket list on book

「○○idです。○○を無料で公開します。知りたかったらここにLINEしてください!」

その○○の作り方は、どんな配信者か系統にもよるが

  • 音声
  • 動画
  • PDF
  • 画像

と、これらをやってった方がいい。

有益な情報、心理学であれば、よくDAIGOさんが「ここからの情報は有料のニコニコの方で!」とか

モデルであれば、写真とかもいいですね!

セミナーのちょっとした動画なんかも、いいと思います。

とりあえずは、顧客リストさえ作れればなんでも大丈夫です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です