アメリカの高校と、日本の高校の規則の違いとは?

アメリカと日本の、高校の規則どのように違っているのだろうか?

それを今日は、さらっと解説してきます。

結論から話すと、日本から見るアメリカの規則は、結構自由かなと個人的に感じました。

結構髪型に関しては、日本はうるさいんですよね。

今、「自分の高校も規則は厳しい」とか「厳しかった」

と思った方は、是非見てってください。

基本的な規則

これは、基本的には同じ

アメリカはざっとこんな感じで↓

  • 授業中は集中しなければならない、
  • 授業中に3回注意されたら校長室
  • いじめダメ絶対
  • 停学処分あり
  • 腰パン(下げてズボンをはく)
  • 女の子は、スカートの丈
  • 宿題を忘れすぎるのは親呼び出し

などありますが、基本的に変わってないように思えますが

異常なほど日本は校則が厳しかったのです。

スカートの長さの違い

確かにどちらとも、長さの校則はあるみたいだが

アメリカは→気お付けし体制で中指の先端がつけばOK!

日本は→膝が隠れればOK!

言葉ではわかりずらいので、画像でお見せします。

アメリカ↓

日本↓

んー、、、なんでこんなに長くしたいのかは分かりませんでしたが

アメリカのほうが断然短いですね。

高校によっては違う場合もありますが、こんなに長い海外の生徒は見たことがないです。

髪型、または色

これは、ほとんどアメリカは自由です。

むしろいろいろな髪色がいるので、

へたに「黒髪にして来い!」っていうと、人種差別になるからとの事。

日本人にも、もちろん茶色い髪の方がいらっしゃると思いますが

それを先生方がむりやり髪の毛を、黒の一日染めをさせられたり、、、

あー恐ろしいですね。

結構日本の校則は厳しいと、話題になってますから

これからもっとグローバル化してけば、改善されるのかな。。ってとこです。

ピアス、アクセサリー

これはアメリカは自由です。

ネックレスに関しては

派手なものでなければとの事。

これは、日本はだめですね。

アメリカには、宗教でピアスをつけることがある。

例えばヒンドゥー教は、生後一か月の赤子に、ピアスを開ける親もいるそうです。

なのでOK!

通学手段

日本は

自転車通学ヘルメット着用、(自転車乗る場合も学校側に許可をとる)

こんなかんじですよね。

まぁ、一般的ですね。

アメリカの場合はどうでしょう。

ま、こんな感じです。

アメリカでは16歳から免許が取得でき、とくに車社会なので

アメリカの高校のほとんどが駐車場が大きく作られていることがあります。

なので、車通学も可能という事です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です