アイディアをひねり出す心理学

「アイディアを考るんだけど、全く浮かばない」という方はいませんか?

まず アイディアって、どんな時に思いつくものなのでしょうか?

その「アイディアの出し方」を今回は、ペンシニア大学の論文を元にお話していきます。

今日からあなたもこれを覚えれば、クリエイティブな人になれます!

これからの日本は、貧富の差が激しくなり、

こうしてる今も資本主義とテクノロジーが加速してます。

そんな中で生き抜くためには「自分のアイディア」というものはどんなビジネスでも欠かせません。

是非覚えて、仕事や私生活に役立ててください。

  

  

アイディアをひねり出す心理学

  

Light Bulb, Lights, Electricity, Energy, Evening, Party

  

  

アイディアをひねり出す心理学とはなんでしょうか?

すごいアイディアっていうのは一部の天才しか思いつかないんじゃないのか?

っと思われてるかもしれませんが、

だれでもクリエイティブに「たくさんアイディアが浮かぶ人」になれることが分かっます。

そのアイディアは、まずどうやって生み出されるのでしょうか?

例えば、「あなたがまずAの事、Bの事、Cの事を考えるとします。」

これらはあなたが考えた結果、没でした。

そしてある日一冊の本に出合いました。

その時あなたの頭の中で考えてたAとBがたまたまつながって、すごく「クリエイティブ」なアイディアが浮かんだのです。

これは『拡散思考』という思考なのだ。

その思考は、関係がないジャンルや他ごとなど目移りしている時に、おこる思考の事だ。

先ほどの出したい目標について考えたA、B、Cという没なアイディアに対して

関係ないジャンルでひらめいたことによる+xが合体して

クリエイティブに物事を考えることが出来たのだ。

もちろんそういう「アイディア」は「何言ってるの?」とか「そんなの無理!」って言われることが多いが

そういうのに限って凄い「アイディアだったりする」ので

大切に、メモするなり音声データとしておくなり取っておこう。

なので結論を言えば、まずは考える事が大事だ!

クリエイティブなアイディアを出したいのであったら考え続ける事が大事。

没なアイディアも、ひょっとしたら何かと掛け算したときに凄いものが出来るものなのだ。

その考える時、人間がクリエイティブになりやすい時は

どんな状況の時なのか?を下で解説していこう。

  

  

散歩の時

  

man in black hoodie standing on grass field

  

  

これは最強みたいです。

人間は歩いてるときに色々思考を拡散させるみたいで

例えば、「鳥の声」「虫」「空」「涼しい風の感覚」などに思考が拡散しアイディアが出る、といったながれみたいです。

有名な哲学者や科学者も散歩してる時に、「あたらしい発明を思いついた!」っという事が多くあったとの事で、

あの有名なアインシュタインも、

むずかしい方程式をとけないときは、友達の研究者のところにいき

その遊びに行く道中で、

ふと思いつき方程式が解けた!という事もあったみたいです。

  

  

1人の時間を作る。

  

left person's arm wearing watch pointing body of water

  

  

一人で考えなければクリエイティブになれません。

よく人と会った時に、「アイディアって浮かびやすい」って思った方もいるとは思いますが

間違いではないです。

ただその人のアイディアだった物をそのまま使ってるだけで

思いついたわけではなかったり、

そもそも自分で独りで考えてなければ、その人のアイディアと交わることが出来ません。

簡単に例えると、何も考えてないAさん(アイディア ±0)だとします。

考えてるBさん(アイディア +3)だとしたら

Aさんは(アイディア+3)ともらってるだけで、オリジナルとは言えませんし

考えたことがない人は、+3から膨らますことは出来ません。

それに対して、しっかり考えてるAさん(アイディア+3)

そしてBさん(アイディア +3)だと

+6になりますよね。

もしかしたら、その意見が化学反応みたいに

すごくクリエイティブなものが生まれ、掛け算の+9になる可能性もあります。

なので必ず、一人の時間を作りましょう。

  

  

思考回数を増やす

  

Light Bulb, Current, Light, Glow, Glow Lamp, Shining

  

  

これは毎日、何回も何回も一部の時間だけつかいアイディアを考えてみてください。

いっぱい没なアイディアもでると思いますが、それで全然大丈夫です。

回数をこなしたらいつの間にか、点と点が繋がり

クリエイティブなアイディアが浮かびやすくなります。

  

  

シャワーの時

  

Bath, Bathroom, Bright, Chrome, Clean, Cold, Cool

  

  

これはほかの研究データでも、シャワーの時はクリエイティブになりやすいということが分かってるみたいです。

この研究データは老若男女とわず行った「思考」の実験で、

その「思考」が一番浮かびやすく誰にでも当てはまったものが、シャワーの時とのことだ。

特に夜より朝シャワーっとわかっている。

なので朝シャワーなんかでブログネタを考えたり

営業であれば、出勤前に「プレゼンでどうやって話そう?」など

色々考えてみるのをお勧めします。

その時間を使わないなんて、勿体ないですよね。

  

  

クリエイティブ率が減少する状況

Girl, Red, Bathroom, Retro, Model, Woman, Posture

  

  

逆に「アイディアが浮かばないときってどんな時?」って思いませんか?

そのアイディアが思い浮かばないときっていうのは

『余裕がない時』いわゆる、拡散思考が働かないってときです。

ではどんな時なのか、研究で分かったとこを下で解説していきます。

  

  

音楽を聴いてるとき

  

  

これに関してはポップとか、 クラッシックとか色々あったのですが

自然の音とかは、クラッシックに関してはまだよかったのですが、

それ以外のどんなジャンルの曲でも、思考力が低下したという結果が分かってます。

なので、アイディアを考える時、

「結論は曲なし」ということが分かりました。

私も、考える時は曲聞いてたりしてたんですが、あまりよくなかったんですね。

  

  

締め切りが近い時

  

  

昨日の行動力で、お伝えしましたが「行動力を上げる時に」締め切りというものはいいのですが

「アイディア」を考える時に、

余裕がなかったり「明日までに!」とか「締め切り日が近い!」ってなってると

「思考力」が45%も減少とわかったのです。

凄い減少率ですよね。

あと、その締め切りが3日過ぎても

「思考力の減少」が続いたことが分かりました。

なので作家さんは、締め切りに追われ頭ぐしゃぐしゃにしながら

「あーーー締め切りが近い!!!!」みたいなことやってたら

持ってる「クリエイティブな力」も45%低下してしまいますね。

なので、「いいアイディア」を出したいのであれば余裕が大事ですね。

スマホを触ってるとき

  

  

これは、スマホ本体に集中してしまうから

拡散思考が上手く働かないとのことが分かった。

ただ「ネットとかゲームとかいろんなジャンルがあるしそれに関しては、思考が「拡散」されてないの?」っと考えた方も多いのではないでしょうか?

それに関しては、ただ集中視点が切り替わってる、

「一点集中してるところが」切り替わってるだけなので

拡散思考とは違うのです。

拡散思考は、物事をぎりぎりの思い出す範囲で頭の片隅に置いといて、

色々な思考に触れてみながら、考えてることを言うみたいなので

スマホを見てるときは、ただ集中してるのが切り替わっただけで、拡散思考とは言わないとの事だ。

  

  

まとめ

  

Cat, Bathroom, Shower Head

  

  

すぐ思いつくものは「アイディア」とは言いません。

自分が思いつかないアイディアこそ、よりいい「アイディア」なのでしょう。

これを見てくださった皆さんで、朝にシャワーする習慣がない人は

明日から朝シャワー始めてみてください。

そこでクリエイティブな「アイディア」を考えてみてください。

朝シャワーされてる方は、 クリエイティブな「アイディア」 を考えてみてください。

データの裏付けがあるので、きっといいアイディアが出ますよ!

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です