あなたの会社は大丈夫、ブラック企業のやり方

今回は私の体験談です。

ブラック企業はそこらにごろごろありますが、どんなものなのかを

今日は、自分の経験からお伝えしたいと思います。

社会保険がない

サラリーマン事体が{会社に守られる代わりに、会社の評価をあげ、会社の利益を上げる}

というもので、社会保険がない=え?っと思ったほうがいいです。

法律では、個人事業で5人以上の従業員を雇っている場合は必ず入らなければなりません。

なのでアルバイトやパートでも、ある程度の条件を満たしてるのであれば

加入義務があります。

社会保険に入れば、年金も半分は会社が納めてくれますし、所得税や市民税も会社から払い、そして少し安くなります。

なので社会保険がないとなると、

国民健康保険になります。

国民保険は年金、所得税、市民税、全部自己負担で

確定申告と、ちょっと面倒な手続きがあり、そして確実に高くなります。

なので年間トータルすると、結構なマイナスを生んでいます

もちろん、そんな会社に有給休暇はありません。

私のその会社は、アパレルのパルコの中に入っている、アパレルブランドの販売代行会社

もちろん株式なので安心して入社。

最初は850円のバイトで入り、給料を上げてもらうため社員として契約?

書類とかは一切なかったが、、、

ホント何も知らない、「アパレルで成功する!」と夢見る無知な少年だった。

ちなみに、給料や休みは、

7日休み、総支給額17万円、ボーナス?夏に一度ある、6万円もらえる(笑)

そのときは、頑張れば大丈夫!成功する!と信じてずっといました。

が、生活は苦しくなる一方で、服も買わなければいけないため

残る総支給額は14万円でした。

「どこの貧しい国のサラリーマンですか?」と今なら思いますが、、、

その時は余裕もなく、世界が狭かった為に今が一番いい。。っと思ってしまっていた。

飴と鞭を使いこなし、マインドコントロールされ

夢を見させようともせず、ここに残るのが幸せだという教育。

だが、呑み会にいけば可愛がられてた。

「お前は最近よく耐えて頑張ってるな!」「根症がある!!」っと上から言われ

明日からも頑張ろう!と意味わからないやる気がアップ。

社員との関係はすごくいいのですが、

給料面や保険そういったところがボロボロ、そんな会社でした。

だから、夢見る少年や少女たちはよく、気よ付けて入社してください。

一度は行ったら最後です。

幼いころの私もおかしいと思い、4回くらい退職届を出しました。

ですがなんだかんだで引き止められます、

その時の私に、店長や社長は感情論で話をもっていきました。

情に流される私もバカですが、今考えれば

情なんて、あるとしてもこれっぽちしかないと思っていいと思います。

ただただ、あなたが都合よく使えるだけで

そして利用したいが為、必死に温かくいい人の毛皮をかぶります。

なので、私も最後やめる時は「いえ、もう違うところで働く予定が立ってますの3月いっぱいで辞めます。」

とその時の私は心を鬼にして、社長やお世話になった方に、そう冷たく伝えました。

今になって考えれば、あのままあの会社にいたら、間違いなく廃人になってたと思います。

今が一番楽しく、そのアパレルをやめてよかったと心から思います。

残業代金がない。

これは、結構自分自身を正当化してる方を見受けられます。

ここまで、(仕事が残ってしまった私が悪い)と思い、タイムカードを切り仕事に励む。

いえ違います。あなたに見合った仕事量ではなかっただけで

(仕事量が多すぎた会社が悪い)です。

だから残業するのであれば、当たり前ですが残業代はもらいましょう。

上司に「お前は仕事遅いくせに残業代もらって働くのか?」

とか言われようが、職場のためにしてることですので、遅かろうが何だろうが

契約上、残業手当はでます。

遅いなら、もっと教育する立場の人間のやり方を変えさせたり

残業代ケチる他に改善するための、やれことがたくさんあります。

あなたが遅いのは、あなたのせいだけではないです。

なので「自分はできない」なんて思わず、上司の教えがへたくそと

おもってて大丈夫です。

人間だれしも、得意不得意あります。

無理のないペースで努力し、仕事をこなしてください。

休みなし

社会保険があっても、コレは死にます。

私も月3回とかありましたが、三か月くらいしてくると体が慣れてきたと

勘違いします。

毎日あさ9時半に出勤の11時半帰宅。

十分な睡眠がとれていないせいで

私は車で事故しました。

ここの会社のせいとはいいませんが、自分のこれからの命のため、退社

残業代はあり社保もあった会社でしたが、休みと異常なまでの残業

やることが多い会社と、その時は思いましたが

今考えれば、必要ない仕事がけっこう目立ってます。

結構必要ない業務が多いってところは結構あります。

いかにスムーズに仕事ができるように、

効率をよくしていく事がすごく大切です。

必要のない業務を削ることにより、

ほかの大切な販売の事、商品の事などを考える時間ができ

利益につながると思えます。

意外と考えてみると、結構必要ない手書き書類や

書いた事を、また書かなければいけないような重複している書類

そういったものがあると、大切な体力が無駄に消費され生産性は落ちます。

そのことを考えるのが、店長の役目だったりするんですがね。

まぁでも、休みがないところはこのまま続けても

自分の人生を犠牲にしますので、やめたほうがいいです。

やめれない方は代行会社に頼れ!

昨日の記事でも書きましたが、やめるのを代行してくれる会社があります。

そこに電話すれば、明日から怖い上司の顔を見なくて済みます。

SARABAという会社は、29800円で全部行ってくれて

電話相談24時間で行ってるみたいですし

もしやめたくても「やめにくいな」とか「仕事が残ってて」とか、思ってるのであれば

電話してみてください。

29800円で解決できます

「あ、ここの会社やめよう」

と思ったら、一度相談してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です