あおり運転のほとんどが貧乏な人

心の余裕といわれるお金ですが、

あおり運転とどう関係してくるのかを

今日はまとめていきます!

神奈川で起きた、あおり運転するクズの心理

2017年神奈川のお高速道路で起きた、ワゴン車の夫婦が死亡した事件

まずここで、全国民があおり運転に対し、危機感を覚えたあの事件である。

どんな事件だったかというと、ワゴンに乗った夫婦に指摘され

注意されたことに腹を立てた(石橋和歩被告26歳)が、あおり運転、そして相手の車の前に止めて

「あーーーん、なめちょんのかーーー!!」ですね。

そして、お二人がなくなってしまったという、すごく悲しい話です。

どう考えても石橋和歩被告は、知能は動物そのもの、、、

だがこの方はもちろん人間であるし、動物園で育ったわけでもない。

どんな生い立ちかというと

石橋和歩被告26歳、

職業は建設作業員、

父と母は高2の時に離婚、高校は中退

彼女と同居してたらしく、建設会社にも無断欠勤が続いてたとの事。

そして、その中あのような事件が起こる。

性格は、「女の前だとよくキレたりするやつ」とか「殴るために生きている」

意味不明な目標を掲げている。

あと、「年に二回くらい事故してる」みたいな証言も得られてて、

お金もないのでしょう。

だらしない生活を送っているため、まじめに働いてはないし、

こうゆう方はたいてい借金返せてなくなってたり

車も昔のオデッセイなのであまり余裕がなかったのかなと想像できる。

この方はまた特殊なのかもしれないが、

お金に余裕がない努力してないやつっていうのが分かった。

バイク乗ってた少年をあおったクズの心理

中村精寛被告だが、バイクに乗ってた大学生をあおり追突させ、死亡させた悲しい事件。

こんな感じプロフィールはこんな感じ

中村精寛被告 40歳 元警備員の無職

妻がいるとの話で、飲酒運転中の事故だという。

そして、「はい、終わり」と言って追突させたのがドライブレコーダーにあった。

このプロフィールを見る感じでは、お金はなさそうですし

お金があるなら、タクシー使ったり、運転代行もあるのでそれを利用するなど

方法はあった。

このあおり運転はやはり、中村被告が前のバイクが気に入らなくて、ただキレたのでしょう。

やっぱりお金に対して余裕がない方が、こうあおり運転をしている模様。

最近の白いBMWを乗ってた男にあおられ殴られた件に関しては

まだ捕まってないので何とも言えませんが、BMWの店で試乗車として三日間借りる予定でのってたこの白パン男。

その男は三日間の予定をだいぶ過ぎたころに、車を返しに来たと報道されていた。

やはり、全然日付を守ってないことからだらしがない人だと思われる。

あおる人の共通点はだらしない

この三つから、出される答えはやはりだらしのなさ

そして、お金がない。

心の余裕にやっぱり直結していますよ。

だから、皆さん

あおられたら、「あいつ貧乏で生活に余裕がないんだろうな」と鼻で笑ってあげればいいと思います。

あおり運転をしてしまう方の改善方法

中にはお若い方でしてしまう方もいます。

私も恥ずかしい話ですが若い頃は、お金にも昔時間にも余裕がなく

あおり運転をしていました。

なのでどう改善したかというと

  • 睡眠を七時間はとる
  • 時間に余裕を持つ
  • いらってくることを恥じる

この三つととのえばだいぶ減る事と思います。

イライラするというのは睡眠が足りてないせいかもしれませんし、時間に余裕がないせいかもしれないので

その場合は、仕事を変える事や業務を減らす工夫や、出勤時間を削るなど、

していくといいかもしれません。

あとその時にイラっと来た自分を恥じてください!

「自分は余裕がないんだよ!」って周りに自虐してるのと同じことですから

本当にあなたの事を思っていいますが、早くやめたほうがいいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です